結婚式

誰かにいつあなたの花嫁介添人になるよう頼むべきですか?

誰かにいつあなたの花嫁介添人になるよう頼むべきですか?

関与することについて最もエキサイティングな部分の1つは、あなたが知っているすべての人とニュースを共有することです。あなたとあなたの新しい婚約者がこのマイルストーンを適切に祝い、すべての興奮を浴びた後、写真を送信し、(非常に多くの)FaceTime呼び出しを行い、Instagramにリングのセルフィーを投稿して、あなたの人生の人々があなたと祝うことができます。婚約の最初の1週間以内に、結婚式の日付、会場、配色、ドレスを選ぶことで、座って計画を開始することもできます。しかし、あなたは少し時間をかけて決定する必要がありますか?あなたの花嫁介添人と名誉あるメイドを決める。

エミリー・ロバーツ/BridesВ

あなたが結婚式のパーティーの一部であることをあなたの最も近い仲間に伝えたいと思っていても、特にあなたの大切な日の詳細を知って、あなたが持っているまで、招待状を急いで渡すのは望ましくありません考える時間です。先に、あなたの結婚式のチームを選択する前にあなたがすべき4つのこと。

あなたの結婚式の日付を知るまで待ちます

あなたの花嫁介添人に質問をする前に、まず、あなたの結婚式の日付を知るまで待ちます。あなたの結婚式の日付を知ることは、あなたの花嫁介添人が彼らがあなたの花嫁介添人であることにコミットすることができるかどうかについて、より良いアイデアを得ることができます。デートは彼らにとって個人的に悪い時期であり、別の結婚式の約束や、赤ちゃんや引っ越しなどの大きな人生の変化により、花嫁介添人になることを「私はしない」と言わないようにするかもしれません。

数週間かけて考えてください

あなたの新婦付け添人を選ぶことは多くの思考を伴う決定であるはずです。あなたの婚約が婚約後1年か2年で起こるならば、あなたの人生の人々とあなたが結婚式の冒険全体を通してあなたのためにそこにいたい人について本当に考える時間を取ってください。 10人から15人の間で決定する場合は、あなたが生涯のあなたの友人であり、今後数か月間あなたの結婚式の詳細についてあなたを助けることができると知っている人について考え始めてください。

できる限り多くの結婚式の詳細を知る

あなたの結婚式の乗組員を選ぶ前に、あなたが望む花嫁のシャワーと独身パーティーの種類を把握してみてください。そのような詳細がブライダルパーティーの規模を決定する可能性があり、十分な情報を花嫁介添人に尋ねることができるので、彼らはこの役割を果たしてあなたの結婚式に興奮します。

少なくとも60日間従事する

この決定を急ぐことを防ぐために、あなたは友人に花嫁介添人の質問を出さない60日間の猶予期間を自分に与えます。その時間の間に、実際に何人のブライドメイドが欲しいかを考え始めて、ブライドメイドになるように頼む時が来たらどんな種類の贈り物をしたいかなどについて考えてください。