ニュース

このブライダルサロンの所有者は、ハリケーンフィレンツェ後のボートでウェディングドレスを提供

このブライダルサロンの所有者は、ハリケーンフィレンツェ後のボートでウェディングドレスを提供



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ノースカロライナ州のブライダルブティック、ウィルミントンの共同所有者であるカミーユのアンジェラウッドコックが仕事を引き受ける 非常に 真剣に。実際、彼女は真剣に、ハリケーンフィレンツェの壊滅的な洪水が花嫁の結婚式を台無しにすることを拒否しました。 「ショーは結婚式になると続けなければならない」と彼女は言った。アーメン。

による WRAL、ハリケーンフィレンツェがヒットする前に、ウッドコックと仕立て屋は、ブティックから貴重なウェディングドレスを脱出しました。 「ハリケーンのため、私たちが安全であれば、ドレスが安全であることを知っているように、私たちは所有しているドレスを望んでいました」とウッドコックは言いました。ここにガウンは残っていません。

その後、嵐の中で、粘り強いチームはろうそくの明かりによる縫製と改造に取り組み続けました。カミールの改造マネージャーであるロレーヌ・セイボルトは、次のように述べました。結局、セイボルドは地元のニュースサイトに語った、「ハリケーンと風と木々が割れているにもかかわらず、花嫁の夢が叶うようにすることはカミーユの責任だ」

ハリケーンの悲惨な洪水の後、地元の北東ケープ・フィア川を渡る唯一の方法はボートでした。これはまさにウッドコックが行ったもので、伝統的なものではありません。彼女は夫とウェディングドレス(プラスチック製のトートバッグに安全に包まれた)をつかみ、花嫁にガウンを渡すことに決めました。

「私はあのトートを持っていました」とウッドコックは言いました WRAL。 •ライフジャケットを着用しました。トートバッグにはライフジャケットが付いていました。そして、私たちはそれらのドレスをそこに着いていました。私たちは決心しました。

「これはあのボートの貴重な荷物でした。私は、このドレスを船外に出せないように、きつく握っていました。」

幸いなことに、ウッドコックの特別配達品は、安全な状態で、そして最も記憶に残る方法で到着しました。ウッドコックは、「さて、あなたの結婚式に興味深い話があります。今日、あなたのドレスはここでボートで来ました。」

ウェディングドレスに加えて、ウッドコックは水を落とし、川の反対側の隣人に水を供給しました。ブライダルサロンは、9月の売り上げの10%をハリケーンフィレンツェの犠牲者に寄付することも計画しています。

続きを見る:自然災害(ハリケーンフローレンスのような)が結婚式に影響を与える場合の対処方法