結婚式

結婚式のソロに参加するための5つの結婚式のエチケットのヒント

結婚式のソロに参加するための5つの結婚式のエチケットのヒント

デートを控えた結婚式に出席するのはいつでもいいことですが、最後に名前だけを書いて招待状を受け取ることがあります。つまり、ソロを祝うことになるということです。パニックにならないでください!私たちの専門家は、プラスワンがなくても夜をこれまで以上に楽しくする結婚式のエチケットのヒントをいくつか持っています。

1. RSVPが正しく

自分で結婚式に招待された場合は、RSVPカードに人を追加してプラスワンを獲得しようとしないでください。代わりに、出席するかどうかをカップルに知らせて、そのままにしておいてください!

2.適切な方法で招待されている人を見つける

招待されている人と招待されていない人を友達に頼むのではなく、恥ずかしくて新郎新婦に直接尋ねないでください。相乗りやホテルの部屋の分割を検討していることを伝え、どの友人が参加するかを調べます。

3.電話を置く

インスタグラムで夜を過ごすのは魅力的ですが、楽しんでいないなら参加する意味は何ですか?携帯電話を財布に入れて、少し気分が悪い場合は人々を監視し、夜が何をもたらすかについてオープンにしてください。

4.新しい友達を作る

ゲストリストに友人が1人か2人いることを願っていますが、そうでない場合は、テーブルで隣の人と会話を始めてください。おそらく、新郎新婦が同じテーブルに座ってほしかったのには、おそらく同じような地域から来た人、同じ分野で働いている人、または共通の情熱を持っている人がいます。それが何であるかを見つけてください!

5.楽しんでください!

新しいテーブルメイトと一緒に写真ブースに飛び込んだり、DJが大勢の人を惹きつけたときにダンスフロアに向かっていたりしても、そこに身を置いてください。あなたが楽しんでいるなら、あなたの周りの人々はあなたが持っている楽しみにあなたを自然に含めたいと思うでしょう。

続きを見る: 文字通りすべての花嫁が結婚式の計画中に作る7つのタイミングの間違い